トップページ > 先輩スタッフインタビュー

採用情報

  • 採用コンセプト
  • 先輩スタッフインタビュー
  • 募集要項
  • 募集要項
  • エントリー

先輩スタッフインタビュー

現場で活躍する先輩スタッフの声をお聞きください。

入社したスタッフには、どのような思いがあり、夢があり、そしてどのような目標があるのでしょうか。現場で活躍する先輩スタッフの声をご紹介いたします。

  • 看護師としてのやりがい
    2015年入社

    看護師としてのやりがい
  • 他業種より転職!
    2013年入社

    他業種より転職
  • 女性のワークライフ!
    2016年入社

    女性のワークライフ

ライフケア室・看護師 / K.Kさん

看護師として居住者様の健康状態や病歴を把握したうえで、体調不良時対応、薬剤管理、健康相談、人間ドックの説明などを行います。時として、救命・救急処置を行う事もあります。
また、看護業務だけでなく、食事、入浴などの介助やアクティビティ対応も行います。
私が所属するライフケア室は、看護師、ケアマネ、理学療法士、作業療法士、園芸療法士、クラークなどいくつもの専門職が共働しています。それぞれの専門分野だけでなく、日常生活をサポートする介護業務も行う事で、居住者様を多方面から知ることが出来、 些細な変化にも迅速に対応することが出来ると感じています。


ライフケア室・看護師 / K.Kさん

2015年入社

1

みんなで考え、すぐ行動

Q.今、仕事をしていて楽しいと感じることは何ですか?
A.居住者様にとって何が今必要か、何か困っておられたら、お手伝いできることは何なのか、看護師だけでなく複数の職種で話し合い、それをすぐに実行に移せたときの達成感です。
2

少しずつ良い関係を

Q.大変なこと、キツイことは何ですか?
A.居住者様と信頼関係を築く事が大変だと思います。そのために月日が必要なこともあるので、じっくり少しずつ良い関係を築けるよう努力していきたいと思っています。
3

不安な時声をかけてくれるスタッフが必ずいる

Q.入職してどうですか?
A.スタッフが皆まじめで、仕事に対する思いをそれぞれ持っているという印象です。 スタッフ間で意見を交換することも多く、一人が不安になっていると声を掛けてくれるスタッフが必ずいる、安心な環境だと感じました。

ライフケア・介護 / K.Sさん

入社4年目。ケアスタッフとして担当業務を持ち、日勤、夜勤リーダーをローテーションで行っています。先輩に教えてもらう時期も過ぎ、今は自分の考えで発言し取り組める楽しさを感じています。同時に周りとの連携やスタッフとのコミュニケーションの大切さも改めて感じながら、日々奮闘しています。ケアは奥が深い!


1

活き活きと笑顔があふれて

Q.入社を決めた理由は何でしたか?
A.理由は沢山あるのですが、一番は面接の際、ユニットを見学させていただき、そこでのスタッフの方々が活き活きとして笑顔にあふれ、楽しみながら働いている姿を見て「ここが良い!!ここで働きたい!!」と思いました。
2

優しくフォローしてくれる先輩

Q.入職してどうですか?
A.異業種からの転職で初めて介護職について4年目の今、最初は排泄の対応に戸惑うこともあり、なれない環境で悩むことがたくさんありました。失敗して、その時は厳しく指導を受けましたが、最後は優しくフォローしてくれる上司や先輩方がいます。改めてここに入職して良かった!と感じています。
3

良いケアを提供できるよう敏感に

Q.この仕事で大切にしていることは?
A.初心を大切にしています。日々同じことの繰り返しではなく、居住者様は毎日変化しています。 「いつもと違う」という気づきの視点を持ち、スタッフ間で情報共有し、その方にとって一番良いケアを提供できるよう敏感に対応出来るようにしています。
また常に「居住者様視点」で考えること。当たり前のようで難しい時もあります。まだまだケアとしてのスキルは未熟なので専門性を高めるために日々努力です。
ライフケア・介護 / K.Sさん

2013年入社

ライフケア・介護 / K.Tさん

毎日を安全に健康的に過ごして頂けるよう、居住者様の体調変化に注意しながら衣・食・住において、お一人おひとりに適切なサービスを提供しています。 食事・排泄・入浴衛生面の対応がメインとなりますが、すべてを介助するのではなく、居住者様の残存機能を生かし、必要な部分のお手伝いします。そのためには待つこと・見守ることも とても大切なことだと考えています。 居住者様お一人おひとりの”そのひとらしさ”に添えるよう、日々努力しています。


ライフケア・介護 / K.Tさん

2016年入社

1

その人らしさを大切に

Q.入社を決めた理由は何でしたか?
A.以前勤めていた高齢者施設では、時間に追われ、流れ作業の毎日で“こなす仕事”になっていましたが、コンフォートガーデンあざみ野では一人一人の生活や時間、”そのひとらしさ”をサポートする姿勢を目の当たりにし、是非働いてみたいと思いました。
また、敷地内に四季折々の植物が生い茂り、目に飛び込んでくる緑を見てリフレッシュできることも魅力を感じました。
2

わからないことがあって当たり前。そこからどう動くか

Q.この仕事で大切にしていることは?
A.常に笑顔を絶やさず、安心感を持っていただけるように心がけています。
できないこと、わからないことがあって当然!しかしそこから自分がどう動くかが大切だと思っています。受身にならず、積極性を持って取り組み、自分自身の経験値を上げて、的確なサービスをご提供をしていきたいと考えています。
3

やはりチームワーク

Q.コンフォートガーデンあざみ野だからこそと思うことは?
A.やはり一番に出てくる一声は”チームワークの良さ”です。お互いを信頼しているからこそ、任せて見守る心、また先輩方が率先して動く行動の速さ、その背中を見て多くの学びや気づきを得ています。そんな先輩方に近づけるよう、努力していこうと思います。
4

現在  産休中!

私事ですが、妊娠中も勤務を続けていました。体調変動により介護業務が困難なことが多々ありますが、スタッフの温かいサポートにより、無理なく仕事ができています。
女性にとって、妊娠を機に仕事のバランスを取ることが難しいこともあると思いますが、自分自身もたくさんのスタッフに支えられていることを実感しました。とても働きやすい職場だと思います。
産後は復職したいと考えています。 他のスタッフが同じ経験をするときに、そのサポートをしたいと思います。

先輩スタッフインタビュー

会議

社内の会議は組織で業務を行ううえで、物事を決めたり意思統一を図ることは不可欠であり、会議を上手に活用することで、居住者様へのよりよいサービスに繋がります。
実際に「それをどのように実現するか」については運営方針に基づき、各部署に持ち帰り、部内会議や職員全員が参加する全体会議でブレイクダウンしていきます。ここでは全部門が関連する会議をご紹介いたします。

全体会議常勤だけでなく、非常勤を含めた全スタッフが参加をします。
年に2回行い、事業所の運営方針をスタッフ一人ひとりが理解し、自分の部署では1年間どのような活動を行ったか、次年度の活動予定、そして、自分達にとって今、何が課題でありどのようなことをしたらよいのかテーマを決めて話しあいます。
居住者連絡会居住者様の状態変化やご要望などについて、スピーディーにフォローできるよう、毎週1回、全ての部署のスタッフが参加をし、必要な情報を必要な部署へ連絡できる風通しの良い連携を行っています。
その他会議その他、運営会議や幹部会議をはじめ、各部門毎に必要な検討を素早く行えるように15種類の会議があります。

委員会活動

スタッフが活発に議論を行い、業務を改善していくために目的に応じた委員会活動を実施しています。
現在は4つの委員会で様々な職種のメンバーで構成され活動しています。

委員会活動

防犯防災委員会 火災、大震災に備え防災グッズ、毛布などの備品の発注・管理から、避難訓練の計画など様々です。いざというときにも慌てることなく、スタッフがすぐ配置につき、居住者様の安全をお守りできる体制を整えています。

コンフォートターミナルケア委員会 最期の時を迎えられるまで、その方らしく過ごしていただくにはどうしたらよいか?’という視点をもって、スタッフ全員が日々のケアやサービスをご提供できるように勉強会を開催したり、ご逝去された方のご家族様へお渡しする「メモリアルアルバム」を作成しています。

安全管理委員会 施設の安全管理全般に関わる活動を行っています。事故を未然に防止するための検討や、事故が発生してしまった際の対応、安全管理に関わるスタッフ研修の実施等、居住者様に安心してご生活いただくための委員会です。

マナーアップ委員会 スタッフ一人ひとりがCGAに相応しいマナーを身に付けるために、毎朝の唱和やスタッフマナー大会など、様々な取り組みを実践し、施設全体でスタッフのマナーアップが図れるよう取り組んでいます。